トップページ | 2006年11月 »

2006年10月28日 (土)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その3

沖から吹いてくる風は一向に弱まる気配を見せなかった。
「そろそろお昼にしようや」
NMがおもむろに携帯用のコンロとカセットボンベを袋から取り出して
慣れた手つきでセッティングを始める。
その手際の鮮やかさたるや、刹那、アウトドア慣れした岩城滉一と
みまがうほど輝いていて眩しさに目を細めざるをえなかった。
ゴォーという炎の音が、突風によってさらに加速していくさまを
一番近くで見守っていた僕は、無意識のうちに両手をコンロの前に
差し出していた。

かじかんだ手を暖めるうちに、なにもかもこの悪条件のせいに
してしまいたい欲求をギリギリのところで抑圧しながら、時折
ナベの蓋を開けては閉め、閉めてはまた開けて中を覗き込み、
底の方にようやく根付き始めた気泡に、
次第に自分の中に膨らんでいく不安の塊をオーバーラップさせながら、
やがて来るその瞬間を待ちわびていた。
ほどなくして現在の釣りに対する情熱の象徴ともいうべきその
小さな希望の炎の音が、蚊の鳴くような音量に次第に変化していくさまを
感じた時は、まるで自分の心の弱さを見透かされたような気がして、
もはや炎を直視する事は出来なかった。

「あかんわ...もうガス切れるわ」
NMの手には新しいガスボンベが握られていた。
またしても俊敏な手口でガスボンベが交換されていく。
勢いよく鳴り響く、生まれ変わった命の息吹とも
いうべきゴォーという炎の音を聞いて、もしかしたら
希望という名の音があるとしたら、こんな音なのかもしれないと、
僕は自分自身の鼓膜全体の感覚を研ぎ澄ますことに集中していた。

個人別に見た昼食の内訳は、NMと僕がそれぞれ、おにぎりとカップ麺大、
CHAKAがカップ麺小とお湯を入れるタイプのお茶漬けの構成だった。
とりあえず、カップ麺優先で湧き上がったお湯を入れ、残された
お茶漬けの全てを満たすためには微妙な量を残すのみとなった。
カップ麺を作ろうとして途中でお湯が足りなくなった経験が
誰しも1度2度あるのではないだろうか...
そしてお湯を注ぐ前に残量を確認しなかった自分自身の愚かさに
その度に気づきながらも、人はまた過ちを犯す動物なのである。

しかしお茶漬けの所有者であるCHAKAの場合は違っていた。

彼はオトコなら誰でもひけらかしたくなる小さなチャレンジ精神を
おくびにも出さず、大きなリスクを回避する道を選択した。
つまり、ナベに安全な量の水を足して再沸騰させるという
小さなカップ麺を食べている間に沸騰するやろう理論に基づいた
極めて合理的と言える手段を瞬時に判断し、決断を下したのだ。

お茶漬けにお湯を注ぎ終わった後の残量を検証しなかったので、
今となってはその判断が正しかったのかどうかは謎に包まれたままだが、
人生に於いて、そういった選択肢は今までも数え切れないくらいあった。
そして、これからもまた、あまたの局面に立ち向かっていかなくては
ならない事実に正面から向き合う事なく、今はただ、目の前の炭水化物の
集合体をむさぼり食らうことだけに戦士たちは全身全霊を傾けていた。

その4につづく

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年10月26日 (木)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その2

「イサギっていう名前らしいな、聞けばまだ年端もいかねえ幼魚だそうじゃねえか...
仕方ねえな、逃がしてやるよ」

 

Isagi

僕はつい口をついて出た言葉とは裏腹に、激しい焦燥に駆られていた。

手ぶらでは帰れない訳があったのだ。
出発の3時半をさかのぼること4時間、
北摂のとあるマンションの一室で交わされた会話の一部始終はこうだ。

 

「マナ板用意しといてー、あと包丁もな!」
「包丁はちっちゃいのでいいの?」
「うんええよー。あっ!あとしょうゆないかな?あのお寿司とかについてる
金魚みたいないれもんのちっちゃいやつ」
「そんなんはないわー...しょうゆくらいコンビニで小さいの買ったらええやん」
「そやなー...そうするわ」
「あ、マナ板やけど、もう反ってしもてるから汚れたら捨ててきてくれていいよ」
「うん、わかった。イカのスミで汚れたらそうさせてもらうわ」

 

海釣り広場のポールポジションでエンジントラブルを起こしたマシンハヤブサは
1.2フィニッシュを決めるどころか、何週も周回遅れをくらわされていた。
激しくホイールスピンするエギングコンビ(仮スマ&CHAKA)を尻目に、
まわりではRUN&GUNのフィッシャー達にどんどんイカが釣り上げられていく...
いつもはニヒルをきめこんでるCHAKAも、このときばかりは
苦虫を噛み潰したような顔を隠そうとはしなかった。

車中で確認できた小雨はいつしか突風へと変わっていた。

前日にGoogleに”エギング”と入力し、一番最初にヒットしたホームページの
情報をもとに、釣り上げるイメージトレーニングは完全に我が物としていたはずだった。
しかし、この現実はどうだ...笑いたければ笑うがいいさ、
途中であわててサビキを手にした時でもまだ手遅れじゃなかったはずなのに
まったくもって釣れる気がしなかった。
それでも意地で釣り上げた獲物がイサギの幼魚だなんて、先週自分抜きで
釣りに出かけた家族のアホほど持って帰ってきたイワシの大群のシルエットが
やっと釣り上げた獲物にシンクロナイズド不可能なことは、決してコンディションが
ファインでなかったことを差し引いてもあまりあるシチュエーションギャップだった。

NMの方はというと、朝一のサビキで釣り上げたアジをヤエン釣りのしかけとして
トライしていたが、見事アジのカラダ半分が食いちぎられた状態で
あえなくギブアップし、グレ狙いのしかけにチェンジしようとしていた。

雲のスキマスイッチからようやく顔をのぞかせた太陽は
まもなく南中を東経135度の地域に告知しようとしている。

その3につづく...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その1

先週の金曜日から土曜日にかけて
3バカ同期(NM、CHAKA)と宮津にイカ釣りに出かけました
うちを3時半に集合し、出発して間もなく
霧に包まれたトンネルをくぐりぬけようとした時、
NMが「トワイライトゾーンに突入や!」みたいなことを言いました。
僕は正直、踏み込みが浅いなと思いましたが、
睡眠時間が1時間足らずでは上出来な方かなと
どSなツッコミはしませんでした。

車は順調に進み、休憩地点のエサ屋に着きました。
エサはNMに任せて店内をひとまわりした後、
隣のローソンで朝&昼ごはんの買出しです。
各自、おにぎりやカップラーメンを購入し、
小雨の降る中を仲良く三人で肉まんやキーマカレーまんを
ほおばりながら、まだ見ぬ獲物に期待を膨らませていました。
ナビがなくても余裕とのことで、DVDを入れ替え、
ちーかまのライブやスタジオ練習のDVDを鑑賞しながら
目的地の海釣り公園を目指しました。

予定より30分くらい早く、6時半には駐車場待ちの行列に
シフトインしました。それでも前から7番目くらいでした。
フライングして場所取りの段取りをしているおっさん連中を
横目に、どうやったらいい場所を確保できるかの作戦会議がはじまりました。
僕が考えた案は、駐車場待ちをしている車に一台ずつ窓ガラスをノックして、
「すみませーん。今日は第2釣り場に変更になりました
下に船を用意してますんで、順番に乗り込んでくださーい」
と声をかける作戦でしたが、そうこうしているうちに駐車場が開場しました。
7番目にシフトインしただけあって、釣り場の先端の一見ベストなポジションを
キープできました。

その2へつづく...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

クリスマスなんていらないの歌詞

クリスマスなんていらない

 

ひと月も前から流れ出すクリスマスソング

風が吹いても消えないキャンドルの灯

ケーキ屋の店の裏で タバコを吸うサンタクロース

車で溢れたストリートは トナカイをとめる場所もない

ジーザスクライスト 誰も彼もがあんたのことなど

ジーサスクライスト 考えてなんかないのさ

ジングルベルを聴きながら 七面鳥が震えてる

プラスチックのもみの木で 首を吊られたサンタが笑う

 

星は昨日の夜と変わらないクリスマスイブ

それでも意味なく今夜は街も眠らない

足音に夢から覚めた 7回目のサイレントナイト

靴下の中プレゼントは 街で見かけたラッピング

ジーザスクライスト 誰も彼もがあんたのことなど

ジーサスクライスト 考えてなんかないのさ

ジングルベルは聴き飽きた 七面鳥は殺されて

丸いケーキの真ん中で 足をもがれたサンタが笑う

ジーザスクライスト 誰も彼もがあんたのことなど

ジーサスクライスト 考えてなんかないのさ

ジングルベルは聴き飽きた 七面鳥は殺されて

丸いケーキの真ん中で 足をもがれたサンタが笑う

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

クリスマスなんていらない

まだちょっと早いですけど、オリジナルのクリスマスソングdす。
この曲は作詞が僕で、作曲はかちこバンドのボーカルです。
詞の方は実はかちこバンドをはじめる前から作っていたもので
学生時代に組んでいたバンドでは、ぜんぜん違うメロディーが
つけられていました...(もうどんな曲だったか思い出せないけど)

詞の内容はタイトルからもわかるとおり、ネガティブな感じですw
歌詞は後日アップする予定ですが、子供には聴かせられないような
夢のない内容かもしれません...(^^;

曲の方は自分が作ってないこともあって、イントロやソロなど、
めずらしくアレンジしています。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年10月16日 (月)

アンパンマンふりかけ

ごはんの味方すんなよー
パンやろ?じぶん

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月14日 (土)

ポケモンゲットだぜ?

トイザラスでポケモンのパール&ダイアモンドを買いました
CMでやってるみたいなボイスチャットを試そうと思ったら
ゲーム本編をある程度進めないと出来ない模様...
それにしてもDSってスゴイっすね

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年10月12日 (木)

Blue Rainの歌詞

Blue Rain


バイトの帰りの階段で 降りてくる君を待ち伏せた

Good-by Good-by Baby Bye bye tonight

いつもの君の笑い声

近づいて 飛び出した

だけども君は ひとりじゃなくて

ひとつの傘に ふたりきり

Dreamin so bad dreamin Broken my heart

とめてたバイクを 蹴飛ばした

 

壊れたバイクを押しながら 星のない夜の帰り道

Good-by Good-by Baby Bye bye tonight

空から涙が落ちてくる

さよならも 言えなくて

君の背中を 見つめるだけで

後ろ姿が 遠ざかる

Blue rain fall in my heart 雨が降る

絵の具で描いた街 にじんでく

Good-bye Good-bye Good-bye...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

Blue Rain

この曲もだいたい「モーニング」と同じ時期に作りました。
どっちが先だったか...???
ちゃんと記録してないとダメですねー

詩の内容は、告白もできずにフラれてしまい
連鎖していろいろ不幸な出来事が
次々とやってくるってゆう、自虐的な内容です。

曲の方は、ギターで作曲した曲がほとんどですが、
この曲はキーボードで作曲しました。
弾き語りできるほどうまくないので、結局、
仮歌の時はギターでやりましたけど...

| | コメント (7) | トラックバック (1)

2006年10月 9日 (月)

かちこバンドとは?

ボーカル、ギター、ベース、ドラムの四人編成
男二人、女二人の四人構成
唯一のライブ経験はメンバーの結婚式の二次会のみ
オリジナル曲もコピーもやりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

お寺の掲示板

何が起こるかわからないのが世の中
何をしでかすかわからないのが自分

確かこんな事が書かれてました。
立ち止まってよく見たかったけど、先客がいたので横目で見て通り過ぎました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リスナー数が増えてる!

まだ誰にも教えてないのに
ポッドキャストのリスナー数が増えてる!!
これって世界のどこかで聞いてくれた人がいてるってことですよねー
「かちこばんど」はライブをしたことがないバンドだったので
ものすごーく変な感じです
ネットってなんかすごいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニングの歌詞

モーニング

 

昨日と同じ朝に ガマンができなくて
制服のままで 家飛び出した

通いなれた道を 足早に横切って
想い出ひとつを 道端に捨てた

片道だけの切符を買って
大きくなってく夢抱いて
埃で汚れた窓開けて
小さくなってく家を見た

 

昨日と違う朝は 目覚ましが鳴らなくて
星が消えるまで 空見上げてた

知らない街の風は なんだか冷たくて
かじかんだ指を 暖める場所もない

違う自分を確かめたくて
通り過ぎてく人波よけて
すべり落ちてく夕日受け止めて
大きくなってく影を見た

| | コメント (0) | トラックバック (0)

pspからこんばんわ

pspのブラウザから投稿してみました。
ちゃんと表示されてるかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーニング

「かちこバンド」というバンドで演奏した
オリジナル曲です。
たぶん1994年くらいに作ったと思います。
詩の内容は退屈な毎日がイヤで、
家を飛び出した高校生って感じです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

はじめましてをはじめます

ブログやポッドキャストをはじめたくて
はじめました。

あ、後先になりましたが、
みなさん、はじめまして
仮スマdす。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年11月 »