« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月25日 (土)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その6

後先になりましたが、別腹に極上のスイーツを入れた後は、
お待ちかねのディナータイムです。

こればっかりは譲れないとばかりに、助手席にいても身を乗り出して
カーナビを自ら申し出て設定を行った先はロッキーエース
その日をしめくくる意味での夕食という旅の一工程を任されている
自分にとっては自信をもっておすすめできる店でした。
ハンバーグが運ばれて来るまでの間、さすがのNMもグロッキー気味で
テーブルの上につっぷして寝ていました。
が!ハンバーグが運ばれてくるやいなや、いつもの調子を取り戻し、
汗をかきながらペロリとたいらげてしまいました。
CHAKAもおおむね気にいった様子で、
渡米前のCHAKAの最高の褒め言葉である
「悪くはないんだが...」はでませんでしたが、
「おいしかった」みたいな感じの感想をもらったような気がします。

あ、そういえば昔...この3人で同じように宮津に釣りにいったとき、
コストパフォーマンスに優れた焼肉屋があるとかで行った
舞鶴の『おとく亭』での出来事を思い出しました。
 
たぶんその日も同じように釣れた記憶もなく、
お昼ごはんにと『おとく亭』に立ち寄った3人。
テーブルに案内されて、お昼のランチをオーダーしてしばらく談笑していると
となりのテーブルに外国人の客が1人案内されてきました。
その外国人はメニューを見るやいなや、店員のひとりをつかまえて
なにやら異国の言葉でまくしたてていました。
ところが店員が一向に要領を得ない受け答えをしているので、
外国人の客も店員もどうしたものかと困った様子...

すると突然NMが、その隣の外国人相手に英語(たぶん)で話しかけました。
僕とCHAKAは唖然としてその光景を見守っていたましたが、
身振り手振りを交えながら、NMとその外国人がコミュニケーションを
とっているのを目の当たりにして、NMのことをただの旅行好きな奴やと
勘違いしていたのを反省すると共に、尊敬の念を抱き始めていました。

ひとしきり会話が終わったあとに、NMが店員に告げた通訳は
「なんか肉食いたいゆうてますわ!」
の一言...

僕は上からタライが落ちてきそうな気がして、反射的に頭をかばう姿勢をとってました。
そんなモン、焼肉屋に入ってくるゆうだけで肉食いたいゆうのはわかるやん...
そんな通訳やったら誰でもできるっちゅうねん!!

その7につづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

ロッキーエース

『ロッキーエース』

舞鶴にある洋食屋さんです。
近所のお友達一家と日本海に海水浴に行った帰りに
教えてもらって立ち寄りました。
ログハウス風なつくりで車は7台くらいは停めれたと思います。

おすすめはデミグラスソースのハンバーグ定食
061021_1848




 

1000円弱でサラダ、ライス、トン汁がついてました。
ハンバーグもとっても大きくて大満足です。

他にもいっぱいハンバーグの種類があって、どれも美味しそうです。
日本海方面に出かけたときは、必ず行きたい店です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その5

これが終わりじゃない。
むしろ始まりなんだ。

(仮スマ語録 巻の弐 エギング初体験後の一言より)

釣りの後片付けを終えて車に乗り込むやいなや
カーナビの目的地は和田山中学校へと設定された。
到着予想時刻は閉店時間ギリギリを示している。
(いけるか???いや...いくしかない)
3人のサムライは武者震いをおさえるのに必死だった。
想い出をひとつ残らず落とさないように、
車が滑らかに駐車場を後にした。

事前にNMが得たらいらっくへの手がかり
・一本柳から2つ目の信号を曲がる

ここかッ!
NMのステアリングを握る指がかすかに震える。
いや、何かが違う。
車が大きく右折よりも鋭い角度で弧を描いたとき、
後ろにピッタリとつけていた軽トラのニイちゃんが
メンチを切ったような感覚に襲われた。

目的地付近には意外と早く到着していた。
とはいえ、いまだ決めてとなる第二、第三の手がかりには
辿り付いていなかった。
「あそこのお土産屋さんで道を聞いてみよう」
そう言ってNMは車を停めた。
BINGO!知っていた!
「並んででも行く価値はありますよ」
店員の言葉にサムライたちは萎えかけていた勇気を奮い立たせた。

ここだッ!
なんのことはない...
さっきUターンをかましていた交差点だった。
あのメンチは道を誤ったサムライ達への
暖かいシグナルだったのだ...
田舎の人の優しさを土足で踏みにじった行為を反省しながら、
車は目的地にジョジョに近づいていった。

アレだッ!
Sa350026_640x480




 

はやる気持ちを抑えて、しかし足早に店内に駆け込む

ないッ!日本一のバニラがッ!

「チョコチップのシングルでしたら3人分ギリギリいけると思いますが...」

Sa350021_640x480




 

ジェラートで乾杯するサムライたち
NMはペロリとたいらげて、残りわずかなミルクの香りに
キバを剥いた。

Sa350023_640x480nm




 

僕はおもむろにお持ち帰り用のショーケースに視線を移動した。

ないッ!

黒ごまのジェラートがひとつだけ取り残されていた。

「お持ち帰りの分はあそこにあるだけですか?」
僕は可能な限り、哀れな小男を演じてみせた。

見かねた店長がじきじきに奥からやってきて、
「ミルクの香りならお出しできますが...」

「じゃあそれを4つください」

「見てのとおり異常事態でして...すみません...」

僕の脊髄に電撃のようなものが走った。

店内には誇らしげに北斗晶来店!!とか
当店のバニラが日本一のジェラートに選ばれました!!とか
雑誌の切り抜きとかWEBを印刷したものとか貼りまくってるクセに!!
何が異常事態やねん!!
何通りすがりのイチ顧客のオレなんかになに泣きいれとんねん!!
日本一になるのがアンタの夢やったんちゃうんか?!
そうやって今まで頑張ってきたんちゃうんか?!

感受性が人一倍高い僕は、いい知れない違和感とともに店を後にした。

もしかしたら、僕にだけ本当の気持ちを打ち明けたかったのかもしれない...
頂点を極めた者だけがわかりあえる、そうゆう意味では、この後、3人のサムライに
襲いかかるハプニングこそ、異常事態だったと言えるかもしれない。

その6につづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

eyeToyおもろいっす!

衝動買いしたアイトーイですが、予想以上に子供受けが良く、大人でも充分楽しめました!
調子に乗ってまた専用ソフトも追加購入しちゃいました!
アイトーイプレイ2ですが、さらに子供たちのテンションが上がりっぱなしで、落ち着かせるのに一苦労しました…
いまさらですが、中古で千円くらいなのでオススメです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

人間ドク男

今日は人間ドックでした。

あくまでも事務的に業務を遂行しようとする職員の方と接するうちに
どうしてもボケたくなる衝動が頭をもたげます。

例えば、
「視力検査を行いますので、白いところにおでこをつけて、アゴをのせてもらえますか?」
のシチュエーションならこんなふうに...
「え?ボクがですか?」
「え?今すぐですか?」
「え?ココでですか?」
「え?全部脱ぐんですか?」

でもきっとたいしたリアクションなくダイコンをかまされるのが現実なんですよねー

今年はNMと毎年一緒になる会社の先輩と同じ組でした。
ちなみにCHAKAとかちこバンドのボーカルは2組前でした。

検査が終って遅い目のお昼ご飯は本町駅そばの自由軒
580円のサービスランチを、メニューはビフカツ。
最初に運ばれてきたカップスープで同期4人で乾杯です。
味もまあまあでなかなかのコストパフォーマンスで
満足でした。

CHAKAとボーカルは仕事に戻るとの事で、
NMと一緒に梅田まで歩いてヨドバシカメラに、
5Fのおもちゃ売り場から順番に見てまわりました。
PS3が明日発売ということもあって、PS3のデモプレイには人だかりが
できていました。
家電コーナーでは男二人で洗濯機売り場へ、
ここでNMが、昔、洗濯機の性能自慢をしている同期の女の子に
僕の「そんなに汚れるんか?」というドSなツッコミをしたのを思い出し、
しばしノスタルジーに浸りました。
あとはNMのブログでも紹介されている”ソニッケアー”という電動ハブラシを
見てきました。

NMと別れてからはソフマップにはしごです。
ここでPS2のEYETOYのフリフリダンス天国というゲームを衝動買い。

ソフマップをでて、モンシュシュに向かいましたが、
手前の信号で店の前に30人くらいの行列を確認...
ココロが折れそうになりましたが、せっかく歩いてきたので
ガマンして並ぶことに...無事に堂島ロールをゲットできました。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年11月 4日 (土)

スイートテンヤキニク

11/3は10年目の結婚記念日でした。

ひさびさに想い出工場の稼動です。

子供たちを実家に預けて、まずはランチ
箕面にあるドルチェモスカートに...
嫁さんはパスタの、僕はピザのランチをオーダーしました。
ピザは本日のピザから選ぶとの事で、店内の黒板から
「きのことツナのピザ」を選びました。
ところが、いざピザを店員が運んできたときに、
「おまたせしました。きのことツナのピザになります」
061103_1346





と、一旦は、目の前にピザを置かれたんですが、
店員が実際のピザと見比べながら、なにか戸惑っている様子。
「すみません!ツナのかわりにベーコンがトッピングされてるようなので
作り直してまいります...5分ほどお待ち頂けますか?」
とのこと...
しかし、僕のスーパーコンピューター級の頭脳が瞬時に、
天文学的数値の複雑な計算を経て
”ベーコン > ツナ”
の答えをはじき出したので、
「あーいいですよ、そのままで」
とサイコーにさわやかに、店員に告げました。
ピザが美味しくて有名とのことでしたが、
実際は嫁さんのオーダーしたクリームパスタの方が
美味しかったです...OTZ

ランチを食べ終わって、109シネマにて
本日公開のデスノート(後編)を見ました。
木更津キャッツアイも気になってたんですが、
数日前にTVでやっていたデスノート(前編)を見ていたということもあり
またしても僕のスーパーコンピュータ級の頭脳が
”デスノート > 木更津キャッツアイ”
の答えをはじき出しました。
Sh520012







詳しい内容については書きませんが、わりと原作に忠実に
作られていたように思います。
初日ということもあって映画館は満席でしたが、
週刊少年ジャンプに連載されてただけのこともあり、
全体的に子供の数が多かったです。
実際に僕の席のとなりに座っていたのは
小学校低学年くらいの女の子で、
映画のクライマックスでこみ上げてきた
心の汗を、我が娘と同じ位の子に悟られまいと、
頭をかくフリをして、袖のところで涙をぬぐうという
ウルトラC級のテクニックで切り抜ける局面も
ありました。

映画を終わって車に乗り込んだのが18時30頃、
しかし二人ともお腹いっぱいランチを食べたこともあって、
ディナーの事は考えられない状態でした。
そこで、またしても僕のスーパーコンピュータ級の頭脳が、
ヤフーのニュースで日本一のクリスマスツリーの点灯式が
USJであった事を思い出し、腹ごなしに
”チョイUSJ”
という答えをはじき出しました。
新御堂筋の南行きは渋滞していたので、いきあたりばったりで
南千里から横道に外れて、カンだけを頼りにUSJを目指しました。
1時間ほどでUSJに着きましたが、滞在時間が長くないので、
車は近所のTimesに入れました。
USJのゲートもすっかりクリスマスモードです。

061103_1932






入場ゲートをくぐってそのまままっすぐいくと、遠くからでもはっきりと
存在感をアピールしているツリーが確認できました。

Sh520008








一定時間で色がどんどん変わっていくツリーに、夢中で携帯のカメラの
シャッターを押し続ける自分がいました。
20代の頃にはこんなことを書いてるクセに節操がないですよね...OTZ

アトラクションの方はほとんど終了してましたが、夜のジョーズが
おもしろいよとの嫁さんの情報もあり、35分待ちでしたが、
ピーターパンのショー目当ての観客を尻目にジョーズを目指しました。
そこで、またまた僕のスーパーコンピューター級の頭脳が、
記念日なのに二人で写真を撮ってないことに気づき、
ジョーズのアトラクションの記念撮影コーナーに行きました。
061103_2000






普通に撮ってもらいたかったのですが、ガイドの係員の指示で
ジョーズの口の中に頭をおもいっきり突っ込んだ状態で
写真を撮らされました...OTZ
肝心のアトラクションの方はというと、船の真ん中の席だったので、
あまり水をかけられることもなく、そこそこ大声も出せたので
日ごろのストレス解消になりました。

お腹もだんだんいい感じになってきたのでUSJを後にして、
本日のメーンイベントである、ディナー会場へと向かいます。
帰り道もまたテキトーに、道路標識だけを頼りに車を走らせて、
ほぼ順調に迷うことなく、目的地に到着しました。
駐車場も4台程度ですが、確保されており、
たまたまかどうかわかりませんが、停めることができました。
ネットで事前に調べていた情報をもとに、おすすめのセットを注文しました。
お肉の種類がよくわかりませんでしたが、どのお肉もやわらかくて
美味しかったです。

ダイアモンドはなかったですが、こうして10年目の記念日が無事終了しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

撤退する勇気と異常事態とロッキーエースとセーラー服と機関銃 その4

”腐っても鯛”という言葉があるが、CHAKAの獲物はさしづめ、
”ちっちゃくても釣ってみ鯛”というところか...Chaka






 

あとはヤエン釣り用のエサとなるはずのアジが数匹
Aji






 

後日談だが、劇的ビフォーアフターを遂げた形はコレ
Ajifly





 
 
 

ん???

 
 
 
 
 

イカは???
 
 
 

 

 
ちゃうねん

そんなんとちゃうねん

おいしいアイスあるゆうたから

ぎょうれつできるゆうたから

ちょっとはよいえでただけやねん

ほんならちょっとはよつきすぎて

つりはほんのひまつぶし

イカがなくても

グレがなくても

それでもちきゅうはまわってる

だからべつに

ちゃうねん

そんなんとちゃうねん

(第一回 北近畿オトナのポエム 審査員特別賞受賞候補作品より)

 
 
 

ヒゲの生えた少年よ
恥ずべきことは何も無い
誰も君を責める資格は無い

ヒゲの生えた少年よ
その胸の奥深くに突き刺さった言葉の傷が癒えたら
そして涙の跡にできる虹の橋がかかったのなら
またここに戻ってくるがいい

ヒゲの生えた少年よ
人はそれを勇気ある撤退と呼ぶのだから

 

その5につづく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »