« さよなら | トップページ | 南条SA上り »

2007年1月 7日 (日)

伝説の男

僕は、普段から予想外の出来事に対処出来るように
ありとあらゆる局面をシミュレーションしている。

たとえば、突然に芸能人と遭遇したとき、
決定的なシャッターチャンスの場合はどうすればよいか...
最低限の礼儀として、その人の代表的な口癖やギャグ等を織り交ぜて
対処するのが仮スマとしての義務でもあるはずだ。

意外と早くその瞬間はやってきた。

とある海外でのホテルのロビーにて、毎年恒例の元旦の
餅つきのイベント。
「みなさん、明けましておめでとうございます。OK牧場でおなじみの...」
そらきたッ!

070101_1428

 

 


 

一斉に向けられる携帯のカメラにたじろぎもせず、

淡々と挨拶を続けるガッツ。

続いて子供たちと一緒にきねを握り、「ヨイショッ!」のかけ声と共に

餅つきを始めるガッツ。

わけのわからないまま列の最後尾にポジショニングされた長女。

割り込みを試みる見ず知らずの母親を牽制するかのように

「順番次やからちゃんと並んどきやー」とこれ見よがしに声をかける。

そしていよいよ決定的な瞬間は訪れた。

僕は携帯のカメラを真横に構えて、ボタンを一回押すだけで

ナチュラルショットを頂くはずだった。

ところが、付き人風の人が僕に気づいて、ガッツにサインを送った。

長女に身を寄せるガッツ。

予想外のフレンドリーな動きに舞い上がる僕。

押されたシャッター。

Sh520064

 



 

「OKです!」

思わず口走ってしまった一言...

事務的に「ヨイショッ」の掛け声と共に餅つきを続けるガッツ。

僕は長女の手を引き、足早にその場を立ち去った。

なにが「OKです」やねん。
なにが「OKです」やねん。
なにが...

「OK牧場」てゆわなあかんやん。
「OK牧場」てゆわなあかんやん。
「OK牧場」て...

落ち込む僕に長女が更に追い討ちをかけた。

「さっきの人、誰なん?」

誰かわからんのにピースして写真撮られとったんか...

|

« さよなら | トップページ | 南条SA上り »

コメント

そういえば、俺もとある堂島のケーキ屋さんで、ジミー大西に出会ったとき、「がんばってください!」と言うのを忘れたことがあります・・・。
「おまえもがんばれよ!」って言われなあかんやん。
「おまえもがんばれよ!」って言われなあかんやん。
「おまえもがんばれよ!」って・・・・。

今年もよろしくで~す!

投稿: NM | 2007年1月 8日 (月) 18時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/166008/4833765

この記事へのトラックバック一覧です: 伝説の男:

« さよなら | トップページ | 南条SA上り »